誰かが言った「何をやるかよりも誰とやるか」

何をやるかより誰とやるか バーンコンサルティング

「何をやるかよりも誰とやるか」という言葉、なかなか意味の深い言葉です。改めて意識したり文字で見たりするとまた違いますね。掘り下げてみれば、人生の幸せって究極これかなと。経営者やこれから上を目指す人なら、意識しておいて損はないスタンスです。

まずは人

友達との遊び一つにしてもそうですが、まず「人ありき」じゃないと何をやってもいまいちなんですよね。逆を言えば、内容ありきの仕事だったとしても「一緒にやる人次第」で、面白くもつまらなくもなる。

だったら気の合う仲間とだけ毎日一緒に過ごしたい。こう思うのは普通です。

本当に「人」が重要で、今の私はここしか考えていないです。仕事でこのような「誰とやるか」を大切にしている会社やチームは、とにかく結束が強いですよね。うまく例えが出てきませんが、芯がぶっといというか折れないというか。

同じ方向に流れるから強い

強さの理由ってシンプルで、ベクトルが同じだからなんですよね。同じ方向に力が流れているから「太く強く」なる。言葉にするのは簡単なんですが、実際にカタチにするのはまあ難しい。これはテクニックとか、そういうものと少し違うような気がしています。努力してつくるものじゃない何かがあるんですよね。

必要な力は集まるもの

努力してつくるものでなければどうすればできるのか。確実に言えるのは、そういう力は一度集まりだすと加速度的にさらに一箇所に集まりやすいということ。もしも今、自分の目の前のチームがなかなかひとつにならないのなら、それは「見ている方向がバラバラ」なのかもしれませんね。

流れに逆らわない

気をつけたいのは、焦って無理矢理にベクトルを合わせようとすることです。川の流れと逆の方向に流れを作ろうとしても、流れ同士がぶつかり合ってその場に停滞してしまいます。最悪の場合、激しくぶつかり過ぎてあふれ出てしまいます。

できる限りの最善策を打って待つ。とにかく焦らないことです。経験上、焦ってもあまりいい結果にはなりません。

欠かせない「誰」は誰か

事業に欠かせない人材って、必ずしもスーパーマンである必要はないと思うわけです。だからと言って「ちょっと仲の良いお友達で」というわけにもいきません。そもそもただの友達同士の事業は失敗しやすいというのはよく言う話です。

では、どんな人なら正解なのか。シンプルに言ってしまうなら「良い時も、悪い時も、お互いに離れず一緒に笑っていられる人」じゃないかと。これは私自身が何度も経験してきたことですが、良い時に仲がいいのは当たり前で、問題は悪いときなんですよね。特に事業は今日良くても、明日突然「最悪だ」となることはめずらしくないですから。

「誰とやるか」だけでいい

最高のチームには、最高のメンバーがいます。私の結論、だいたいの方向性があっていれば「何をやるか」なんてどうでもよくて「誰とやるか」だけにこだわれば毎日は楽しくなる。一喜一憂しないし、「成功したから良、失敗したから悪」とかもない。雨の日も晴れの日も、同じ方向に一緒に走る。

人生は長いですから。「仕事だから」と淡々割り切るのもいいですが、熱くなって一緒に走れるような、日々の仕事にもう少しだけ熱を持って走れる。そんな仲間と毎日仕事できたらそれだけで幸せなんじゃないかなと思うんですよね。

関連記事

  1. 代理店募集する方法 バーンコンサルティング

    代理店やフランチャイズを募集する方法

  2. おもてなし規格認証2017 バーンコンサルティング

    経済産業省創設「おもてなし規格認証2017」を取得しました

  3. 自由に働く バーンコンサルティング

    時間と場所に縛られない働き方が本格的にできる時代

  4. 働き方改革と複業(副業) バーンコンサルティング

    フリーランス(複業家・副業家)市場はこれからさらに熱くなる

  5. FC比較フェア2018名古屋 バーンコンサルティング

    ウインクあいちで開催されたFC比較フェア2018(名古屋)に行ってきま…

  6. 荒波 バーンコンサルティング

    やってみなければ分からないしやらなければ何も始まらない