バーンコンサルティングの主軸事業

バーンコンサルティングソリューショングループ事業 バーンコンサルティングソリューショングループ

バーンコンサルティングの主軸事業。知人やビジネス仲間と仕事の話をするとかなりの確率で聞かれます。

まずバーンコンサルティングソリューショングループという組織ですが、簡単に言うと、クライアントとコンサルタント「チームに関わる全ての人がWINになる」、そんな組織を目指して創業しました。最大の特徴は、フリーランスのみで組織されたコンサルティングの集団ということです。

主な事業

並走型コンサルティング

メインの事業はこの「並走型コンサルティング」です。通常のコンサルティングと違い、組織の中に入り実際に手足を動かして働きます。内部に入り戦略立案や課題分析、改善なども行います。大切にしているコンサルティングスタンスは、「クライアントのためになることなら、躊躇なく進言する」ということ。例えるなら、右腕となる役員や事業部長クラスの人材を雇用するイメージです。

私たちにとってWIN-WINは絶対ルールであるため、必要ならばどんなことでも進言します。クライアントに耳当たりの良いことばかりをお伝えするつもりはありません。

それをやってしまうと結果として私たちはもちろん、誰一人として利益を得ることなくプロジェクトが終わってしまう可能性があるんですね。たとえば組織力強化と改善のコンサルティング依頼を受ける場合、大半はクライアントがすでにお手上げ状態というときに依頼されます。

そのクライアントに対しもしも私たちが終始ご機嫌を取るために「イエス」を言い続けていたら、その組織は徐々に力をなくしいずれ崩壊するでしょう。極端な言い方になってしまいますが、その可能性は非常に高い確率でありえます。

クライアントのビジネスを成功させることは私たちにとってのライフライン。つまり生命線なんです。だからこそ私たちは「クライアントのためになることなら、躊躇なく進言する」というスタンスを徹底しています。

シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミー事業。私たちのシェアリングエコノミーとは、インターネットを活用してこれまで使われていなかった資産を有効活用して、新たな価値を生み出すものと定義しています。

現在もシェアリングサービス(駐車場シェアやスキルシェア)の普及、推進をしたり、クライアント同士の両者のビジネスを加速成長させるために、ビジネスシェア(私たちは部分提携と呼んでいます)を推進したりしています。

バーンコンサルティングの場合、この事業自体に収益性はあまりないのですが、シェアサービスは確実に世の中のためになり、さまざまなモノゴトの主流になっていくビジネスモデルだと確信しています。その上で「シェアできるものはシェアする」「世の中のすべてをシェアで解決する」というスタンスで、 “シェアリングエコノミーそのもの” を有効活用するビジネスをこれからも展開していくつもりでいます。

各種業務支援

セールス、ウェブ、バックオフィスの業務支援。イメージは、人材派遣よりも高スキルでかつ短期間で依頼したい場合に、よくご活用頂いています。原則1ヶ月未満のご依頼はこのカテゴリに入ります。

その他の事業

その他の事業で、主軸となりつつある事業が「リニューアルを専門としたホームページ制作」です。こちらの事業はありがたいことに現在、ご依頼が増えてきています。また、関連事業として「ワードプレス専門の教室」を近々開講する予定です。

以上が、私たちバーンコンサルティングソリューショングループがおこなっている主軸事業になります。ご依頼時のご参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 何をやるかより誰とやるか バーンコンサルティング

    誰かが言った「何をやるかよりも誰とやるか」

  2. 生産性の高い時間を過ごす バーンコンサルティングソリューショングループ株式会社

    生産性の高い時間を過ごすために必要なこと

  3. 壁 バーンコンサルティング

    壁の向こう側を見れる人と見れない人

  4. FC比較フェア2018名古屋 バーンコンサルティング

    ウインクあいちで開催されたFC比較フェア2018(名古屋)に行ってきま…

  5. 代理店募集レプレをやる意義 バーンコンサルティング

    代理店募集レプレを運営して思う「やる意義」の話

  6. 弁護士との打合せ バーンコンサルティング

    弁護士との打合せと前職先輩との偶然の遭遇