ハミングウォーターは税込月額料金3,300円の定額 浄水型ウォーターサーバー

ハミングウォーター

月額3,000円(税込3,300円)定額。水道水を入れるだけで、安心して使える浄水型ウォーターサーバー「ハミングウォーター」が、メディアやSNSで話題となっています。ハミングウォーターがあれば、大容量の2段階式フィルタリング性能で、水道水を安心安全に使えるようになります。

出てくる水は3種類。冷たくておいしい水(冷水)と、カップラーメンが作れるほど熱いお湯(温水)はもちろん、ハミングウォーターは常温水も使えることから、料理など使える用途が幅広いのも特徴です。

従来のウォーターサーバーとの大きな違いは「コスト」です。ハミングウォーターがどれだけお得なのかは以下で確認ができます。

▲▽▲▽▲ハミングウォーターもっと詳しく▲▽▲▽▲
■お得に使える浄水型ウォーターサーバー「ハミングウォーター」■

ハミングウォーターは水の購入が不要

たとえばボトル交換タイプのウォーターサーバーは多くの場合、12リットル約2000円の水を基本的に「毎月2本は購入」などの決まりがあり、それだけで月4000円となってしまいます。選ぶサーバーの種類によってはレンタル代もかかり合計月5000円前後になってしまうものもあります。

ハミングウォーターが多くの方に選ばれている理由のひとつが定額制であることです。月額3,000円(税込3,300円)定額なので、コストを気にすることなくたくさん使うことができます。水を買う必要がないため、追加費用はかかりません。

4ヶ月に一回、水道水の不純物を除去するためのフィルターが届きますが無料で提供されています。

▲▽▲▽▲ハミングウォーターが便利で安心▲▽▲▽▲
■お得に使える浄水型ウォーターサーバー「ハミングウォーター」■

ハミングウォーター料金比較

上記のボトルタイプのウォーターサーバーとハミングウォーターを、水を使う量で比較するとコストパフォーマンスの違いがわかります。

■ボトルタイプのウォーターサーバーの場合

たとえば、ボトル購入タイプの月24リットル(基本12リットル×2本)を30日(1ヵ月)で割ってみます。

24000ミリリットル(24リットル)÷30日(1ヵ月)=800ミリリットル
※1日あたり使える量は800ミリリットル。つまり1日1リットル未満で4,000円~5,000円平均かかるわけですね。

■ハミングウォーターの場合

ハミングウォーターは「総ろ過水量1200リットル」の大容量タイプです。水道水を安心して飲めるフィルタリング性能を持っています。4ヶ月に一回のフィルター交換なので単純に月約300リットル使うことができ、1日あたりなら約10リットル、ボトルタイプの約12倍の量の水を安全に使うことができるわけです。

これだけ使っても月額3,300円(税込)の定額で使えるわけですから、朝から忙しい主婦や会社員の方、毎月たくさんお水を買う方に人気なのも納得です。ボタン一つで冷たい水も熱湯も出るため、目覚めに冷たい水を一杯、熱いコーヒーやスープも簡単に作れます。

1日あたりの料金に換算すると、約10リットル使っても110円で使える計算になります。缶ジュース1本分ですね。注文してから到着までは最短2週間程度。もう重たいペットボトルの水を買いに行く必要がなくなりますね。

▲▽▲▽▲重たくて大変から卒業、水はもう買わなくていい▲▽▲▽▲
■お得に使える浄水型ウォーターサーバー「ハミングウォーター」■

家で過ごす時間が増えているからこそ、少しでも快適に過ごしたいものですね。

関連記事

  1. 弁護士との打合せ バーンコンサルティング

    弁護士との打合せと前職先輩との偶然の遭遇

  2. フリーランス18ヶ月 バーンコンサルティング

    フリーランスになって18ヶ月(1年6ヶ月)

  3. 自由に働く バーンコンサルティング

    時間と場所に縛られない働き方が本格的にできる時代

  4. テレワークの増加 バーンコンサルティングソリューショングループ株式会社

    テレワーク増加の兆し

  5. 来年、未来の自分 バーンコンサルティング

    来年の今ごろ自分はどうなっているのか

  6. フリーランスとして独立するための準備 バーンコンサルティング

    フリーランスとして独立するための準備